【竜操教室 塾長日記】途中式を書くのは何のため?

正しい途中式とは、



「必要な時に必要な分だけ書き、必要でないときには書かない」のが基本です。



厄介なのは、その必要度合いが問題のレベルや内容、それを解いている人の能力によって左右されてしまうこと。



最初に基本から習う時は、「途中式は全部書きなさい」というのは正しい指導と思いますが、本人のレベルが上がってくれば、省ける途中式はどんどん省くべき。



中学校の先生にたまに居ますが、なんでもかんでも途中式を書け!というのはナンセンスですよ。



目的はできるだけ速く、できるだけ正確に解くことなので、その目的のために省いた方が良いのか、書いた方が良いのかを判断しないといけないのです。



極端な話、目的を理解し、的確に、しかも臨機応変に判断できる生徒が、数学ができるようになる生徒だと思います。



自然に出来ている生徒にはなかなか出会いませんが、目的を理解させ、そこに向かうヒントを与えることはできます。



いちいち指示しなくても、自分で判断できるようにしてあげることが塾長の仕事だと思います。


059488.jpg

この記事へのコメント