【竜操教室 塾長日記】1回解いたら終わりではないので・・・

今日から8月に入りました。



夏休みもあと3週間ちょっと。



夏休みに入る前は、あれもやろう、これもやろうといろいろ思い描いていたとは思いますが、その進捗度合いはいかがでしょうか。



いつも言うことですが、夏休みの課題は2回目の解き直しからが勉強なので、このタイミングではすでに一通り終わっていることが理想です。



1回目は、極端な話、答を見ながらでもなんでも構わないんです。



まず最低限提出できる環境を作ること。



そして、問題と答に一通り目を通すことが1回目の目的ですから、とにかく早く終わらせて、2回目からが勝負なのです。



この「2回目からが勝負」という意識が無いので、初めてみた問題や覚えていない暗記事項をずーーーーーーと考え続けたり、答合わせを溜めこんでしまったり。



まったく無駄です。



2回目が勝負だからこそ、1回目は2回目以降にどこをやり直すのかを探るだけで十分。



わからない問題や覚えていない暗記事項はすぐ答を見たらいいんですよ。



もちろん、2回目以降でできなかったところをやり直すのが前提です。



多くの生徒が、1回通りやるだけで体力も集中力も使い果たしてしまって、2回目の意識がありません。



2回目の意識が無いから、1回目で全力を出しちゃうので、余計に体力も集中力も使い果たすという悪循環なんです。



1回目は「流す」。



それで解ける問題はもう大丈夫だし。



「流す」レベルで解けないものは答を解説を確認して、2回目、3回目で解けるように繰り返す。



これが基本です。


22225210.jpg

この記事へのコメント