【竜操教室 塾長日記】「次に出会った時」を意識しているかどうか

できなかったことがある日突然急にできるようになる・・・ということはあまりありません。



多くの場合、少しずつ少しずつ階段を上るようにできる範囲が広がってくるわけで・・・



難しい問題に出会った時に、それをいきなり解き切ることが難しくても、少しずつ少しずつ攻略していけば良いのです。



問題をよく読んで、解説をよく読んで、答をよく見て、時にはそのまま答を書き写すだけになることもあるでしょう。



ただ、答を書き写すにしても、次に同じ問題に出会った時には、少しでも解けるように、情報を集めておくことが大事です。



毎回、「次に出会った時」を想定して準備しているかどうか。



そういう意識があるかどうか。



「次に出会った時」を想定していないから、とりあえず問題をよく読みもせずに”丸写し”をしてしまい、次にこの問題に出会った時にも、また1からやり直しで、”丸写し”の繰り返しになってしまうのです。



答を見て問題を解くことがダメなのではありません。



次に出会った時に今よりも解ける幅が広がっているかどうかが大事なのです。


22200599.jpg

この記事へのコメント