【竜操教室 塾長日記】要するに学校の授業をちゃんと聞いてますか?ってことです。

テストの範囲表を見て、それから教科書を開いて、問題を解いてみて、初めてそのことを知る。



「なんですか?これ」「初めて聞きました」



そういうコメントを連発する生徒が結構居るんですけれど。



いやいや、学校の授業で習ってないはずはありません。



要するに、授業中には何も聞いてないんです。



覚えておかないといけないとか、どうせテスト勉強でやらされるはずとか、そういう意識がまるでないので、授業中に聞いておけば済むような簡単なことも、全部右から左へ聞き流しているのが現状です。



後からもう一回やるのは面倒だから、授業中に聞いておこう!という意識が少しでもあれば、もう少し記憶が残っているはずですよ。



塾で復習をするときに、ほんとに、何も知らない状態でゼロから解説しないといけない場面が結構あります。



「学校の先生が何言ってるかわからない」「教え方が下手」



こういう生徒たちは、自分が聞いていない責任はすぐに授業担当の先生に丸投げして平気です。



仮にそうだったとしても、結局わからなくて困るのは自分だということがまったく理解できていないのです。



学校の授業で教えてもらい、すぐに学校の課題で復習し、テスト前にもう1回おさらいをするという、当たり前の流れが最初から目詰まりしてるので、そりゃあ成績だってそれなりになるでしょう。



勉強そのものよりも、そういう当たり前の流れを理解させることの方が100倍大事だし、それが塾の大きな仕事と思います。

22757203.jpg

この記事へのコメント