【竜操教室 塾長日記】わからない問題はその場で確認、その場で解き直し。

ワークを解いていて、わからない問題に出会った時どうしますか?



そのまま飛ばして次へ行く・・・というのは短期的には正解です。



自力でわからない問題をずーーっと考え続けていても仕方がありません。



ただ、いつまでも飛ばしていたのでは、わからない問題がどんどん溜まっていってしまいます。



なので、わからない問題に出会ったときの正しい対処法は、答と解説を見るということになります。



答と解説を見た上で、自力で解けそうなら答を伏せて自分で解きます。



無理そうなら、答を解説を読みながら、それを答に赤で記入していけば良いのです。



もちろん、どちらの場合でも後で解き直すのは当然のこと。



そして、答と解説を見てもよくわからないものは先生や友達に質問することが大事。



酷いのは、



できる問題だけ先へ先へと進め、できない問題はほったらかし。



問題を見た雰囲気だけで難しそうな問題と思ったら、読みもせずに飛ばしていたり、せっかく解いた問題の答合わせも後回し。



これは勉強ではありません。



そんな状態なのに、本人は「めっちゃ勉強した!」って思っているところがマズイんです。



自分で自分の勉強精度をコントロールできる自律学習ができるようになたないと、学年が上がるごとにどんどん行き詰っていきますからね。



注意しましょう。

22847064.jpg

この記事へのコメント