【竜操教室 塾長日記】目的はより速くより正確に!

計算力のレベルが上がってくると、必要無い途中式は省くことも大切です。



小学校や中学校の段階では、計算はできるだけ丁寧に解くように習っているので、今さら途中式を省けと言うと、ぽかんとしている生徒も居ます。



もちろん、計算がまだおぼつかない生徒にそう言うわけではありません。



ただ、ある程度計算力がついて安定してきている生徒に、よりレベルの高い計算を求めるとなると、無駄な途中式はできるだけ省いて、より速くより正確に解くことを教えていかなければいけません。



でも、計算力というのは一律のレベルで能力が上がっていくものではないので、省いても良い途中式と、省いてはいけない途中式というのは、個人個人で違ってくるというのが難しいところです。



なので、途中式を省くという指示も、一人一人の計算の様子をしっかり見て、レベルを把握した上でないと的外れなものになってしまいかねないので注意が必要です。



なんでもかんでも省いていいわけではなく、だからと言ってなんでもかんでも全部書けば良いわけでもありません。



ここは省きなさい!という命令型ではなく、この1行は省いても大丈夫じゃない?という感じで相談をしながら少しずつ効率的な計算を教えていくことになります。



これは、ある程度能力のある生徒たちへの指導の話ですが、目指すところは効率的な計算とはどうあるべきかを自分で創意工夫できるようになること、そこに意識を持たせることが大事だと思っています。



高校数学になると、より複雑な計算を課されることが多くなります。



その都度、どうやればより速くより正確に正解を導くことができるのかを自分で考えて改善できる能力は、数学ができる大切な要素のひとつです。



小中学校の段階からそういう意識を持たせることができるようにしたいと思います。

2356624.jpg

この記事へのコメント