【竜操教室 塾長日記】それが多数派なんですが・・・

課題のワークをやるときに、教科書を調べながらやる生徒多いんですよね。



そうするように習ってるのかな?



教科書を調べながら問題集を解いていたら、なんだかすごく勉強しているムードは出せますけどね。



当たり前ですが、教科書を見ながら問題を解いたからといって、それがそのまま頭に入るわけではありません。



教科書を見なかったらできなかった問題については、次に出会った時には教科書無しで書けるようになっていて、初めて勉強したことになります。



当然、テストは教科書持ち込み不可ですから。



ワークを解くというのは、テストの事前シミュレーションなのです。



テストと同様に、何も見ないで自分の力だけで解いてみないと意味がありません。



「そんなことしたら何も答えられません!」という人は、要するにそのままテストを受けたら何も答えられないのですよ。



何も見ないで解ける問題を増やし、何も見ないと解けない問題を減らす。



これがテスト勉強ですから、今さら教科書で答を探している場合ではありません。



そもそも、課題で出された範囲は学校の授業で一度は習った内容のはずです。



何も見なくても解けるように授業を聞いておけば良いだけのことです。



教科書を見ながら問題集を解いている生徒は、そこの意識が弱すぎます。



授業は授業、課題は課題、テスト勉強はテスト勉強と、すべてがぶつ切りになっています。



出来る子は、授業で吸収し、課題でチェックし、テスト勉強で復習しています。



この問題、この話題、テスト勉強で初めて見たよ!っていう状態では勝負は初めから負けているのです。



仮に初めて見たのであれば、自力で解いてすぐに答え合わせをし、間違えていれば覚えなおせば良いだけのこと。



教科書を開いていれば勉強ができるようになるわけではないのです。

22634195.jpg

この記事へのコメント