【竜操教室 塾長日記】最初から自己満足で教えてもね~、混乱するのは生徒です。

学校ではこんな変な教え方をしてるんですよ~



だから塾ではそれは無視しろ!と指示して、自分の教え方で教えてます。



・・・という塾のせんせーのブログよく見るんですけどね。



それって自己満足になってませんか?



学校の授業時間数と塾の授業時間数って、3:1とか4:1のはず。



2本立てて教えられて、混乱するのは生徒ですよ。



塾のやり方はすごくわかりやすい!!!というところまでは良いとして、それじゃあ学校で教えられている時間はどうなるのですか?



うちは、とりあえず最初はできるだけ学校の先生の教え方に沿って教えます。



だから、まずはどんな教え方をしているか、どうやって解くように教わっているかをリサーチするところから。



当然、年度によって、あるいは同じ年度でも担当の先生によって、微妙に教えられていることが違ったりしますけどね。



それにできるだけ合わせてあげるところからスタートでしょ?



学校のやり方でできるようになったら、後からなんぼでももっと効率的なやり方を教えていけばいいんですよ。



まだなんにもわからないところから、学校と違うことを並行して教えるのはよくないと思います。



確かに、ん?ってなる教え方の先生もいらっしゃいますが、それを生徒の前で否定することは、生徒のその先生への信頼を否定し、その先生の1年間の授業を否定することにつながりますよ。



学校:塾の時間数比が4:1なのに、その4を否定してしまうことの非効率さを考えたら、まずは学校の授業をフォローするところから入るべきと塾長は思います。



あくまで学校がメインで塾はフォローする側に回るというのが、うちの塾の基本なのです。


952329 (2).jpg

この記事へのコメント