【竜操教室 塾長日記】苦しいのでしょうか?

今週末は衆議院選挙です。



このところ、大勢が決まった状態の選挙が多かったので盛り上がりに欠けていましたが、どうも今回は様相が違う感じです。



出身中学が同じ候補者側から、その中学時代の恩師経由でご案内のハガキが届きました。



同じ中学出身の兄と義理姉の分も、それぞれ別の恩師経由でハガキが来ています。



兄夫婦は岡山市民ではないんですけどね。



こういうのはここ最近記憶にありません。



いつもの横綱相撲と違って、今回はかなり苦しいんでしょうか。



でもですね・・・



今回、2区の候補は2人とも党の比例代表の上位にリストアップされているので、仮に選挙区で落選しても復活当選が見込めるわけで・・・



そうなると、この選挙区の選挙自体意味があるのか?と思わないでもありません。



不勉強なもので、間違っていたら申し訳ないのですが、



選挙戦が苦しいとしても、議員になれるかどうかという瀬戸際ではなくて、選挙区当選か比例復活かという個人や党のメンツだけの話なら、これほど無駄なことは無いでしょう。



選挙っていろいろ難しいですね。


868912.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック