【竜操教室 塾長日記】2020年度県内公立高校進学希望調査結果(第1次)

ついに出ました。



西大寺・・・やばいです。



2人に1人が落ちるとなると、ボーダーラインを超える成績を取っていても、最後まで気が抜けません。



学区内普通科最後の砦としての人気は今年も健在でした。



一方で、朝日、操山の低倍率もいつものこと。



去年は城東の定数減の影響もあってか、操山の倍率が高くなりましたが、今年は例年並みで、今のところ2人しか落ちない計算。



毎年この低倍率ですから、無理して受けると、実は受かってしまうのがこのツートップ。



トップ校への実績をアピールしたい塾は、ちょっと無理してもおススメするでしょうけどね。



ただ、いつも言っていることですが、普通科は無理して行くところではありません。



朝日には朝日なりの、操山には操山なりの基礎学力と意欲を持って通わなければ、辛いのは自分です。



合格してしまえばあとはなんとかなる大学とは違って、高校は単なる通過点に過ぎませんから、合格を目指すのではなく、合格した後の状況まで想像して慎重に選択して欲しいと思います。



しかし・・・



ちょっと定員割れのところが多すぎませんかね?



今年はついに備前緑陽まで・・・



たしか、学年で4クラス(160人)を維持できない学校は統廃合の対象じゃなかったでしたっけ?



いつまでも先延ばしにできる問題では無くなってきていると思うのですが・・・。

yjimage.jpg

この記事へのコメント

桃太郎
2019年12月18日 07:54
いつも読ませてもらっています。
岡山市内普通科は希望者と定員がマッチしていないのでしょうね。
朝日は定員360名、ここを減らすと私立に流れるだけなのでしょう。
一宮の定員を減らすと、必然的に城東や西大寺が高倍率になりますよね。
実は岡山学区には玉野もあるんですよね。東備地域の知人のお子さんは、
城東を目指し、ダメなら学芸館と決めている人が多いです。
瀬戸・・・。ここお薦めなんですよね。学区外ですが、通学の便もいいし
なんで定員切りますかね。進学実績下がってはいますが、手厚い指導で
国公立に推薦を使いながらある程度実績残しています。
邑久も・・・。これでは維持できませんね。県教委は、なくすつもりで
学科再編したのでしょうね。あくまでも個人の感想です。
塾長
2019年12月18日 11:19
コメントありがとうございます。

瀬戸はもう何年も前から西大寺の補完として竜操や高島の生徒にお勧めをしてきたのですが・・・

さすがに3年も定員割れが続くとちょっとお勧めするのを躊躇してしまいます。

西大寺を希望する生徒の3割でも良いから瀬戸に流れてくれると良いのですけどね。

もう5%枠そのものの撤廃も視野に入れて欲しいと思っています。
桃太郎
2019年12月18日 14:47
瀬戸は二次募集で市内普通科を落ちた生徒が来ると聞いたことがあります。
昔は岡北中の牟佐のあたりの生徒さんが近いので5%で行くと聞いたことも
ありますし、高島、竜操の生徒さんも行ってますよね。
3年続けて定員は切っていますが、城東の大人数で埋もれるくらいなら、
手厚く進路指導を受けられるいい学校と思いますが、地味なんでしょうね。
普通科定員は160名。進学実績をみると西大寺より内容はいいんで
すよね。是非選択してもらいたい学校です。

この記事へのトラックバック